別れを告げられたとき!

あなたは、

失恋したことがありますか?

 

 

失恋した女性のなかには、

彼から別れ話の時に言われた言葉が、

後遺症になった女性もいます。

 

 

その後ずっと自分に自信を持てない、

恋愛トラウマをもつ女性。

 

 

でもね、

 

あなたがその時に言われた言葉は、

まったく気にする必要はありません。

 

今日は、その理由をお伝えしますね。

 

 

 

婚活アプリで出会った彼と、

結婚前提の交際をしていた彼女。

 

突然、腑に落ちない理由で、

「君のせいだ!」と

別れ話を切りだされた。

 

 

あまりにショックで、

その後かなり自分を責めつづけた

ということでした。

 

 

 

彼女は、長い時間をかけて、

そして今でもときどき

思い出して考え込んでいる。

 

いつまで経っても、

心がスッキリしないのは、

無理ありません

 

 

 

それでは、別れを言いだした

元カレの方はどうでしょう?

 

 

私には、腑に落ちないような理由に、

彼の後ろめたさが感じられます。

 

でも、彼は勇気をふるって言った。

 

 

その行動に、彼には彼女と

別れなければならない理由があった。

 

少なくとも理由が存在した

ことだけは、分かります。

 

 

彼女と別れたいという理由が

本当かどうか?

 

それは、また別の話。

 

 

そのときの彼の心が、

どんな状態かは分からない。

 

 

例えば、自分の非を認めるとともに、

自分の言い分も訴えたい人なのか?

 

この際だから、彼女に対する

本音もぶっちゃける人なのか?

 

何かの後ろめたさから、

少しでも楽になりたい思いが、

働いているのか?

 

自分がこんな役回りを

させられることへの

無意識の怒りもあるとか?

 

 

なんであれ、彼には、

ただ別れたい理由を

誠実に伝える姿勢がなかった。

 

 

・性格が合わない

・価値観の違い   etc

 

 

こんな理由なら、

どちらが良い悪いという

話ではなく、仕方のないこと。

 

 

腑に落ちない理由などではなく、

 

彼女が納得できて、

彼との恋愛を美化せず、

前向きになれるような言葉を選ぶ。

 

 

彼として、最後の思いやりが

欲しかったところです。

 

でも、これが出来なかった時点で、

彼の心に余裕がなかったことは

明らかです。

 

 

 

私は、

心に余裕がないときの人の言葉は、

あまり真剣に受けとめません。

 

その方がお勧めですよ。

 

 

なぜなら、その言葉を放った彼が、

将来どうなるか?

 

彼も、ふと思い出しては、

そのつど後悔している、

可能性が高いはずです。

 

 

別れ話のとき彼が、どれほど

理路整然と言っているように

見えたとしてもネ。

 

彼女の心が傷ついた時点で、

彼の心は余裕がなかったのです。

 

 

だから、全く

気にする必要のない言葉です。

 

彼女には、長く傷ついたり、

考え込む必要はまったくありません。

 

 

 

 

ところで実際のところ、

あなたにも、後悔した発言が

ありませんか?

 

 

恥ずかしながら、

「言わなきゃよかった」経験、

私はあります。

 

 

誰にでもあることなのだから、

例えぱ、あなたがお相手から

別れの言葉を告げられたとしても、

 

あなたには、もっと未来に

目を向けて動き出して欲しい。

 

この先には、たくさんの出会いが、

あなたを待っているのだから。

 

 

その時の彼とのご縁は、

そこまでだったという

だけのことです。

 

感謝して、心の中の彼に

「さよなら」を言いましょう。

 

 

 

新しい出会いと新しい愛、

新しい生活、新しい人生、

たくさんの新しいこと♪

 

あなたが来るのを、

いまかいまかと待ってますよ💕

関連記事

  1. お友だちを応援するということ💕

  2. いつも何かに追われているあなたへ

  3. おもてなしの心 💕

  4. お願い上手になりませんか?

  5. 2016年 シニアダイヤモンドパーテイ

  6. お母さまからのご希望

  7. おめでとうございます💕そしてありがとうございます♪

  8. あなたにもある婚活の才能 ❣

  9. 呪いと祝いのエネルギー、使うのはどちら?

  10. 仲人ブログ2020年12月 No.3

  11. 別れた方がいいかな?と思う時

  12. 心遣いをうけたら

  13. 男性婚活の基本のき

  14. 入籍しました♪

  15. 偽りの人生?